装具(コルセット)の効果を高める7つの生活習慣 その3

さて装具(コルセット)を有効に効果的に使う方法の最後の3つを
今日は説明したいと思います。
側わん装具の効果その3つとは
5.いつまで着用するのが効果的か理解すること
6.あなたの気持ちと効果
7.家族のサポート
です。

さてこの3つがどのように装具の効果を高めるのか
おわかりですか?

5.いつまで着用するのが効果的か理解すること

さて、実際の装具を着用している患者さんの悩みとして
いったいいつまで装具を付け続けなければならないかという疑問が
あると思います。

医者に言わせると骨の成長が完全に止まる18歳から20歳ごろまで
なのですが実際の問題としては骨の成長は個人差があり
ある人では20歳を超えても成長が少しづつ続く場合があるわけです。

更に背骨の湾曲の角度やねじれの具合によっても装具を外すことで
悪化してしまわないように慎重に様子を見ながら外していくことになります。

18歳のころになると患者さんも人の目がとても気になる時期で
すぐにでも装具ははずして自由になりたいと思うわけですが
この時期が今後手術した方がいいのか完全に側弯症の進行が
止まったのか判断する大切な時期なわけです。

この時期にしっかり装具を着けていると姿勢がとても良くなり
上品に見え羨ましがられるという効果もあるそうなので
是非最後の詰めまでしっかり装具を使用して効果を高めてもらいたいものです。
装具の仕組み

6.あなたの気持ち

実はこれが装具の効果を高めるのに一番大切なことです。
どんなに装具が良い出来で高い矯正力を持っていても
あなた自身に側弯症を改善させたいという強い決心というか
装具をしっかり利用して湾曲を治したいという気持ちがなければ
せっかくの装具の効果も半減してしまうわけです。

装具の最大の欠点は付け続けないと効果がないこと
そして装具があなたの体にしっかり合っていないと効果が
あまりないことです。

そのためあなたに背骨の湾曲を治したいという
しっかりした気持ちがないとなかなか装具を着け続けることはできず
装具による効果もあまり期待できなくなってしまうのです。

装具(コルセット)は世界中の医者が長年の経験と研究を重ねて
造りあげた側弯症を改善させるために一番効果の高い治療法です。

世界中の何万というあなたと同じ側弯症で悩んだ人々が実際に試し
研究を重ね、本当に効果のあった治療法です。

少しでもあなたの背骨の湾曲を防ぎ、手術を防ぐ可能性のある装具を
ぜひ有効に使用して欲しいと思います。

7.家族のサポート

最後に大切なこととしてやはり側弯症になってしまったわが子を
見守る家族の支えでしょうか。

誰のせいでもなく言わば神様に選ばれて側弯症という病気を
もってしまったわが子をしっかり受け止め
かわいそうと思うのではなく、あなたの子供にある可能性や将来性を
一緒に見つけてあげ支えてあげることが大切です。

整体や他の民間療法を試してみることは構いませんが
あくまでも医者の許可を得、定期健診と装具の調整をしっかり
してもらいながら子供にとってそれが治療の励みになり
また肩こりや腰痛などの改善といった良い結果を確認しながら
続けてください。

ただし側弯症は治りますなどと豪語する民間療法には注意して下さい。
世界中の医者の研究で治らない側弯症が医師の免許もない
個人の経験談で語る治療家に治せるはずがありません。

実際に側弯症と診断された患者さんの約80%は自然に成長が止まり
特に何もしなくても悪化しないのです。逆に言うとその80%の患者さんは
何かをしたから治ったのではなく、もともと治るべき側弯症だったわけです。

世界中の知識と経験をもつ側弯症専門医の意見をしっかり聞き
つまらない体操や余計なことに子供を苦しめることなく
逆に子供がしたいスポーツなどをどんどんさせて支えてあげてください。

そして子供と一緒になって装具の効果を確認し、理解し、
医師や装具士と協同したチームの一員として側弯症を改善させる
支えとなってください。

One Response to 装具(コルセット)の効果を高める7つの生活習慣 その3

  1. 今日、病院で側弯症と診断されました。中3の女子です。
    正直本当にショックで、コルセットなんてつけたくないし、ひどい場合は手術を受けるケースもあると知り、今後の自分がどうなるのか、今も不安でなりません。
    でもこの記事を見て、コルセットの重要さや自分がどうすればいいのかが、よく解りました。少し安心した気がします。
    私はクラシックバレエを習っていて、コンクールにも出ています。練習の時は付けられないけど、できるだけ一日中コルセットは付けたいと思います。
    本当にありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">