背骨の構造とはたらきと側湾症

側湾症をイメージ化して理解するためには
側湾症がおこる背骨つまり脊柱について理解しておく必要があります。

背中の骨実際、脊柱がいくつの椎骨(背骨)から出来ているか
ご存じでしょうか?

一般的に背骨と呼ばれている脊柱は実はたくさんの骨が
一つ一つ積み重なって出来ています。
たくさんの骨が重なり合う構造により私たちは自由に体を動かし
左右前後に自由に体を曲げることができるのです。

その上からだ上半身と一番重い頭を支えるために背骨にはいつも
かなりの重さがかかっています。
人間が直立歩行し頭を真っ直ぐ上に支えながら両手を自由にしえたのは
この脊柱(背骨)の進化と発達のおかげです。

しかもこの脊柱は中に大脳の延長といえる脊髄神経を通し守っています。
からだの骨のなかでは頭蓋骨の次にもっとも大切な骨といえるでしょう。
ですから側湾症のようにこの脊柱を構成する骨に変形や異常を起こしてしまうと
からだを自由に動かせなるどころか将来的には脊髄神経を痛めてしまうことにも
なりかねません。

さらに脊柱は肋骨と密接につながり胸の形を支えています。
肺は呼吸をするときに肋骨の拡張機能(胸の広がり)を利用して息を吸い入れるので
肋骨が側湾症により傾き拡張できなくなると息ができなくなってしまうのです。

背骨脊柱は全部で5つの部位から構成され、上から順番に
1.頚椎(けいつい)
2.胸椎(きょうつい)
3.腰椎(ようつい)
4.仙椎(せんつい)
5.尾骨(びこつ)
というように同じ形状の骨をグループ化して呼んでいます。

竹の節のようにそれぞれを構成する骨は椎骨と呼びます。
椎間板というクッションのように衝撃を吸収して
全体重を支えることのできる柔軟性のある線維状物質が
椎骨の一部の椎体と呼ばれる円形の筒の部分の上下にあり、
一つ一つの椎骨をつなぎ動きを可能にしています。

頚椎とは首の骨のことで7個の椎骨(ついこつ)からできています。
急所として空手チョップで打つ首のうしろの部分が丁度7番目の頚椎の位置になります。

胸椎(きょうつい)とは胸の部分の脊椎で12個の椎骨からできています。
12対の肋骨はこの胸椎と密接につながって胸のかたちを形成しています。

腰椎は腰の部分を構成する脊椎で5個の椎骨からできています。
ここに上半身と頭の全体重がすべてかかるので、この腰椎が変形したり
カルシウム不足などで弱体化すると将来的には脊髄に傷がついたり
神経が挟まれてその足の麻痺などをおこしたりしてしまいます。
主に老年の腰痛はこの腰椎の椎間板の疲弊が関係して起こります。

仙椎や尾骨は骨盤を形成する骨の一部として腰椎を支える役割をしています。

背骨横図正面から見た時、脊柱はまっすぐ上下に伸びて見えますが
横から見ると、脊柱は3つの緩やかな前後のカープを形成しています。
このカーブは体への体重の負担を軽くするはたらきがあり、
生理的湾曲と呼ばれています。

このバランスのとれた生理的湾曲とは別に、
横に湾曲がねじるように発症するのが側湾症で
体の左右に傾きを生じてしまうのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">