側湾症になる原因とは?

側湾症には大きく分けて機能性側湾症構築性側湾症があると前回述べました。
機能性側弯症や一部の構築性側弯症は原因がわかっています。

ところが最も多くみられる特発性側弯症は直接の原因がわからないため
原因不明つまり医学用語で「特発性」と呼ばれています。


さてこの特発性側弯症になる原因は現在どこまで解明されているのでしょうか?


特発性側弯症の原因を追求する前にまずは他の側弯症の原因を述べておきます。

まず機能性側弯症は背骨には異常のない簡単に治るタイプの側弯症で
それになる原因もはっきりしています。
逆に言えば原因さえわかれば機能性側弯症はすぐに治すことができます。

主な機能性側弯症になる原因は:

  • 毎日の姿勢が偏っていること 例えば、いつも同じ側に脚を組み、同じ側に膝を崩して座ったり、いつも同じ肩に荷物をかけ、同じ肩を下にして横になるなど
  • 筋力の低下が関係するもの 例えば、いつも利き腕で重い物をもち筋肉の発達がかたよっているなど
  • 脚の長さの違いによっておこる体の傾き
  • 又は盲腸炎などの内蔵の病気が片側に痛みをおこし側湾をおこすこともあります。
構築性側弯症の中の神経系などの病気によっておこる側弯症は
その名の通り関係している病気がもとで側弯症を起こしています。

先天性側弯症は胎児がもともともっていた骨格の成長異常や
成長している時期に母が何らかの病気を患ってしまった影響、
または何かしら出産時の産道を抜ける過程で受けた
ちょっとしたトラウマが原因でおこると考えられています。

生まれつきの側湾症

ところが最も多く見られる側弯症である特発性側弯症
思春期の比較的健康な子供に多く見られ自覚症状もとくになく、
今でも単一の原因を解明できずにいます。

子供の側湾症

このため研究者の間で特発性側弯症は複数の原因が
複雑に絡みあって発症する病気だと考えられています。

特に10歳以上の初潮期を迎える女の子の間で多くみられることから
性ホルモンの異常が原因の一つに考えられ
また痩せた子供に多くみられることから背骨を支える体幹の筋肉の異常も
原因の一つではないかと考えられています。

特発性側弯症の原因として特に重要視されているのが遺伝に関するもので、
実際側弯症の親や兄弟をもつ子供のなかに
おなじ側弯症を発症する確率が高いため、
特定の遺伝子を解明するべくここ10年の間
アメリカでは大々的な研究を実施しました。
遺伝子の研究については次回くわしく説明します。

その他に原因として関わっていると考えられているのが、
やせた子供にありがちな偏った食生活による
成長期で需要が高まったカルシウムやビタミンDの不足、
又はその代謝異常による脊椎の成長異常が挙げられています。

実際ほとんどの側弯症の子供は骨の密度が希薄でもろく、
側弯症を患った多くの患者は高い確率で将来骨粗鬆症になるという
研究も出ています。

現在こうした遺伝や普段の食生活、ホルモンや筋肉異常といった
様々な要因が重なって特発性側弯症を発症していると考えられています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">