側弯矯正手術は何のため?

インターネットで側弯症について調べてみると
手術を忌み嫌い、手術のリスクばかり並べ立てるサイトが
多く見つかります。

もちろん自分の体にメスを入れる手術はだれでも怖いものです。
特に背骨は脊髄というとても大切な神経の通っている所で
へたをすれば神経に傷がつき下半身不随になってしまうのではないか
と怖いものです。



それではなぜ何のために医者は手術を勧めるのでしょうか?

手術の目的と効果
手術をする最大の目的はやはり
悪化する側弯症で悩む若い患者さんの見た目をよくすることです。

進行の止まらない側弯症の場合、年齢と共に湾曲が悪化し
結婚も考える、人の目が一番気になる20代から30代の時期に
側弯症のせいで体が歪んで見え、水着も着れず、薄着もできず
社交の場に自信をもっていくことができなくなってしまいます。

また仕事場では側弯症を理解できない上司によって姿勢が悪いから
側弯症になったと思われたり、特別扱いされるのが怖く
側弯症を隠しながら生活するなどといった悩みに陥る可能性があるわけです。

そのような生活に弊害をもたらす重度の側弯症を
手術はすぐに改善し、見た目をよくすることができるのです。

そういう意味では手術はその患者さんの生活に希望を与え
隠れた生活から救うことができるのです。

たしかに手術にはリスクがあり、合併症や術後の傷など
マイナスの面もたくさんあります。
側弯症自体は手術で治るわけではなく、
術後も一生、側弯症の検査をしながら生活しなければなりません。
また手術をしても肺活量が増えたり、腰痛などの痛みが消えるなどの
身体の改善が必ずしもあるわけではありません。

しかしそういった手術のリスクや弊害を考慮に入れても
やはり湾曲が極度に進み社会に出れなくなってしまうよりは
良いのではないでしょうか?

また湾曲が100度を超えるほどになると
胸が変形で圧迫されて、心臓や肺などの機能障害をおこすこともあり
また腰や背中などの激痛に悩まされることもあります。

ですからそれを予防するという意味でも手術を考慮する必要があると
思います。

実際に医者はそれら手術の効果や合併症などの説明をして
手術が今のあなたにとってもっとも効果があり、
これからの生活においても もっとも得になると考え
手術を勧めます。

そしてその手術の決断はいつも患者であるあなたにあるわけです。
もしあなたが極度の側弯症で手術を決心したならば
医者は責任をもって手術を成功させ、
最善をつくして良い結果になるよう努めます。
手術をする医者でいい加減な人などいません。
みな責任をもってあなたを助けるため頑張ります。

まだ18歳前の成長期に50度を超える重度の側弯症になってしまった方は
手術療法を選択するのが最善の方法です。
あなたのためにも医者を信じてしっかり未来を考えてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">