側弯症矯正手術の名医のいる病院リスト

側弯症の治療に名医のいる良い病院を探すことは
とても大切なことです。

特にすでに側弯症の角度が進行していて
手術の可能性のある方はやはり手術の実績のある
名医のいる病院を選んで行くべきだと私は考えます。


この場合側弯症治療の名医とは
側弯症の治療手術を何年も経験してきた
手術の上手な医師のことを言います。


手術の上手な医師は手術の技術がすごいのであって
必ずしも何でも気楽に相談に乗ってくれる
話しやすい医者というわけではありません。

ですからいきなり名医だと聞いて診察してもらいにいっても
手術を前提としてずばずば説明されショックを受ける方もいると思います。

まずは自分の側弯症についていろいろと相談したい
装具(コルセット)などでまずは頑張って治療してみたい
という方は手術の経験が少なくても相談しやすい
良い医師もたくさんいますので、そちらを探すことも
あなたの選択の一つだと思います。

側弯症の治療を専門としている病院のリストは
日本側弯症学会のホームページに掲載されていますが
実際の各病院の治療実績などは書かれていません。

2009年度の病院別治療実績によると
側弯症の矯正手術つまり脊椎固定術を実施した手術数の多い病院は
東京都済生会中央病院や、名城病院、神戸医療センターや獨協医科大学病院、
そして慶應義塾大学病院などがダントツで挙げられます。

手術数が多いということは治療実績があるということですので
やはり名医がそろっています。
名城病院の川上先生や東京都済生会中央病院の鈴木先生などは
側弯症の治療の権威とも言わせるとても有名な先生方なので
ご存知の方も多いと思います。

ここでは2009年の統計から手術の実績のある病院を地域別にリストして
おきたいと思います。
ただしこの統計は厳密には先天性側弯症の矯正手術なども含む
脊椎固定手術の統計で若干各病院が発表している手術数とは
違いがあります。あくまでも参考までに。
統計を詳しく見たい方はこちら http://caloo.jp/dpc/code/070180

北海道地方
社会福祉法人函館厚生院 函館中央病院
http://www.chubyou.com/

北海道大学医学部附属病院
http://www.huhp.hokudai.ac.jp/

医療法人社団 我汝会 えにわ病院
http://www.eniwa-hosp.com/info06.html

東北地方
岩手県
岩手医科大学附属病院
http://www.iwate-med.ac.jp/hospital/index.html

秋田県
秋田大学医学部附属病院
http://www.hos.akita-u.ac.jp/csd/orthopedics_department.html

秋田組合総合病院
http://www.akikumihsp.com/03_seikeigeka.php

関東地方
東京都
東京都済生会中央病院
http://www.saichu.jp/practice/c07.html

慶應義塾大学病院
http://www.hosp.keio.ac.jp/shinryo/orthope/index.htm

順天堂大学医学部附属順天堂医院
http://www.juntendo.ac.jp/hospital/clinic/seikei/kanja02_j.html

神奈川県
医療法人徳洲会 茅ヶ崎徳洲会総合病院
http://www.chigasakitokushukai.jp/guide/medical/depart/orthopaedics2.html

北里大学東病院
http://www.ehp.kitasato-u.ac.jp/ehp/

千葉県
社会福祉法人 聖隷福祉事業団 聖隷佐倉市民病院
http://www.t-net.co.jp/seirei-sakura/1-information/sokuwan/sokuwan.html

茨城県
株式会社日立製作所 日立総合病院
http://www.hitachi.co.jp/hospital/hitachi/bumon/sinryouka/seikei/index.html

栃木県
獨協医科大学病院
http://www.dokkyomed.ac.jp/hosp-m/info/69/364.html

自治医科大学附属病院
http://www.jichi.ac.jp/hospital/top/jcmct/medical-service/ped-orthopedics.html

埼玉県
獨協医科大学越谷病院
http://www.dokkyomed.ac.jp/hosp-k/info/114/459.html

社会福祉法人恩賜財団埼玉県済生会川口総合病院
http://www.saiseikai.gr.jp/section/seikei_geka.html

中部地方
長野県
国立大学法人 信州大学医学部附属病院
http://wwwhp.md.shinshu-u.ac.jp/shinryo/ka/17_seikei.php

愛知県
国家公務員共済組合連合会 名城病院
http://www.meijohosp.jp/iryou/shinryo/seikei.html

藤田保健衛生大学病院
http://www.fujita-hu.ac.jp/HOSPITAL1/general/g_clinic.html

新潟県
新潟大学医歯学総合病院
http://www.nuh.niigata-u.ac.jp/gairai_ika/08_seikei.html

新潟中央病院
http://www.nice-hp.or.jp/shinryo/

近畿地方
大阪府
大阪大学医学部附属病院
http://www.hosp.med.osaka-u.ac.jp/category/17.php

兵庫県
独立行政法人国立病院機構神戸医療センター
http://www.kobemc.go.jp/contents/shinryo/seikei.html

京都府
京都府立医科大学附属病院
http://www.kpu-m.ac.jp/k/orthoped/consult/index.html

中国地方
岡山県
独立行政法人国立病院機構岡山医療センター
http://okayamamc.jp/04_bumon/04-01_shinryouka/04-01_09seikei.html

岡山大学病院
http://www.okayama-u.ac.jp/user/hos/seikei.html

九州・沖縄地方
福岡県
福岡市立こども病院・感染症センター
http://www.fcho.jp/childhp/child030data/ikyoku/orthopedics/orthopedic_surgery.html

鹿児島県
鹿児島大学病院
http://com4.kufm.kagoshima-u.ac.jp/medical/med19.php

14 Responses to 側弯症矯正手術の名医のいる病院リスト

  1. はじめまして。私は重度の側湾症と診断され 最初手術をすすめられましたが負担が大きいとのことで中学2年から高校3年生位まで装具をつけて
    治療をしていました。その後成長が止まってからは診察に行っていなかったのですが、現在50歳になり、2年位前から右の骨盤あたりに痛みがあり、重たいものを持ったりかがんだりする時もつる様な痛みが生じて辛くなってきたので、近くの整形外科クリニックに行き筋力をつけるリハビリをしているのですが、痛みは良くなりません。運動はした方が良いと思うのですが やはり側湾症の専門医で診察してもらった方が良いのでしょうか?
    最近 不安を感じて過ごしています。何かアドバイスをよろしくお願いいたします。

    • 神沢様

      返事がたいへん遅れてしまい申し訳ありません。
      重度の側弯症をもち、手術もできなかったとのこと
      さぞ気苦労や不便なこともあったと思いますが
      まわりの視線にも負けず過ごされてきたことに
      大変敬意を感じます。

      私は自分の見た目が損なっても一生懸命生きている方を
      大変尊敬いたします。苦しくても一生懸命生きる貧しい患者さんに
      日々教えられておりますので。

      ところでその御年齢になられてから腰に痛みを感じるように
      なったということは、もちろん重度の側弯症による影響もありますが
      やはり腰部の筋力の低下が一番の問題だと思います。
      ですから腰回りの筋力を強くすることは大切です。

      整形外科クリニックで腰のMRI検査などは済んでいると思われますが、
      もし腰の椎間板に特に大きな異常が見られない場合には
      側弯症の専門医に診てもらっても同じような治療になる可能性が
      ありますので、私としてはその整形外科でもう少し治療を続けることを
      お勧めいたします。

      ただし閉経時(50才前後)以降、起こりやすい更年期障害の一つに
      肩こり・腰痛・関節痛というのがあります。
      エストロゲンの役割のひとつに、関節を滑らかに動かすという働きがあり、
      筋力の衰えによる腰痛に、エストロゲンの減少による関節痛が加わり、
      さらに症状をつらいものにします。

      また更年期になると卵巣や子宮を含む骨盤内の血液の流れが悪くなり
      腰痛を起こすことも考えられますので、もし腰痛がよくならないときは、
      念のため更年期外来のある産婦人科も受診することをお勧め致します。

      痛みがひどい時はつらいでしょうが、なるべく毎日時間をつくって
      1~2時間歩く習慣をつけることもお勧めいたします。

      それでは改善をお祈りしております。

      Dr.N

  2. 初めまして。
    私は現在55歳で小学生の時に背骨が曲がっているから病院に行って診察して貰うようにと言われて受診しました。その時は一本の肋骨が二股になっているから仕方がないと言われました。10年ほど前に整形外科で側湾症と診断されましたが、これ以上は進行しないからとロキソニンを処方されて終わりましたが、最近になって、あまりにも体調が悪いのと、体全体が痛いので、色々な病院で診ていただきましたが、ペインクリニックでひとつの胸椎から二本の肋骨が二股になって出ているために背骨が曲がり、バランスを取るために腰椎で反対に曲がっている。それに伴い他の骨も曲りくねっているから治らない、といわれました。ネットで側湾症の治療を行っているところを探したのですが、近隣では見つけることができませんでした。現在は近所の整形外科でロキソニンとコリスパーを処方して頂き、何とかごまかしていますが、毎日が辛く鬱病もありどうしたのかのか分かりません。
    愚痴を言っても仕方がないのですが…長くなってしまってすみませんでした。

    • 齊藤協子様

      斎藤様の説明から判断すると肋骨の異常による先天性の側弯症であろうと推測されますが
      辛い痛みや体調の悪さなど、私には想像もできない苦しみをなされているのだろうと感じられ
      慰めの言葉も見つかりません。

      おそらく斎藤様のまわりにはその苦しみをわかって下さる方も少なく
      医者でも理解してくださる方はあまりいないのかもしれません。

      55歳というご年齢になられ、これからますます骨の強度やそれを支えていた筋肉の力が
      弱くなっていきますので、痛みや不調はますばかりだと思います。

      軽い体操やヨガなど、側弯症の痛みを理解してくださる方と一緒に毎日行うことができれば
      少しは痛みが軽くなるかもしれません。

      私は会員ではありませんが、側弯症の方たちの支えの場として
      「ほねっと」と呼ばれる会があるそうです。
      もしかしたら悩みや痛みを共有して下さる方が見つかるかもしれませんので
      確認してみてください。
      http://www.honetto.com/

      何のアドバイスもできませんでしたが、斎藤様の痛みと苦しみが少しでも
      軽くなることをお祈りしております。

      Dr.N

  3. こんにちは。
    私は12歳位の時に側湾症でコルセットをつけていて、今は何もしていません。
    現在29歳で、子供も2人産みました。
    アメリカに住んでいて、永住なのでもし何かあったらこちらの病院へ行く事になると思のですが、名医やよい病院を教えていただけないでしょうか?
    カリフォルニアでいいお医者様はいらっしゃるでしょうか?
    あれから全く病院に行っていないのですが、たまには診察した方が自分が安心するのでみてもらおうと思っています。
    よろしくお願いします。

    • しばらく仕事が忙しくコメントへの返事ができずにおりました。
      かなり遅くなってしまい申し訳ありません。

      アメリカのカリフォルニアにも名医はもちろん居ます。
      ただアメリカでは医療保険に入っていても
      もし手術が必要になった場合にはかなり高額です。

      もし検査をして手術が必要だと言われた場合には
      日本に帰国して手術をすることをおすすめいたします。

      アメリカなどで側彎症の名医を探す方法を記事にしましたので
      ご参考になれば幸いです。

  4. 側湾に悩む者

    はじめまして。52歳になりますが、20歳の頃に始めて側湾症と診断され、その時は成長が止まって進行していなければ良いとのことで、そのまま現在に至っています。1年程前から仕事で重い物を扱うようになり、重い物を持つたびに側湾部分が凝るような、背骨に負担がかかっているように感じるようになり、最近になって鏡で見ると側湾が進んでいるように思われるようになったので、専門医に行ってみました。レントゲンでは70度の側湾で、遅かれ早かれ手術が必要になるのではないか、とのことでした。年齢的に骨も弱くなってくるので、手術をするなら早い方が良いようですが、70度では手術は避けられないのでしょうか?いつ頃までに手術をするかどうするべきか決めたら良いのか、また手術をしない場合はどのような状態が予想されるのでしょうか?重い物を扱う仕事はやはり影響していたのでしょうか?ご意見をお聞かせいただけたら・・と思いまして投稿させていただきました。

    • あなたの背骨の状況が詳しくわかりませんので
      詳しくは側彎症の手術の専門医に直接相談するのが最善ですが
      一般論としてのアドバイスをここに掲載しておきます。

      もし側弯の位置が胸椎で70度を超えた場合には肺の呼吸に支障が出始めているはずです。
      50才を超えるともちろん骨が弱くなっていますので側弯は更に進みます。
      ですからそのまま手術をせずにいると少しづつ側弯が進み、
      70才を超えるころにはおそらく呼吸がつらくなってくるものと思います。

      アメリカでは強度の側彎症による呼吸困難で
      呼吸を助ける機械に頼らないと息ができない方も存在します。
      その方の意見では手術が出来る時に手術をしていれば
      こんな辛い呼吸困難にならずに済んだかもしれないと
      後悔ばかりしております。

      胸椎の側彎症の70度までの手術であれば、比較的安全に大概の専門医でも問題なく手術できますが
      もし胸椎の側弯が80度を超えるものになった時には、かなり経験を積んだ専門医でないと難しい手術に
      なってきます。また年齢的にも骨の強度を考えても70才を超えてしまうと手術はほぼ不可能になります。

      もし側弯の位置が腰椎の場合には、側弯が進むにつれて徐々に腰痛が激しくなり
      おそらく70才を超えるころには痛みで歩けなくなる可能性もあります。

      手術をしたからといって側彎症が治るわけではありませんので、
      手術後もやはり呼吸に支障が出たり、腰痛が続いたりしますが
      手術をしなかった場合と比較するとおそらくかなり軽減できると思います。
      特に手術をすれば70才を超えてもまだ歩ける可能性が大きくなります。

      ですから現在特に他の病期がなく、70才ぐらいまで健全でいたいということでしたら
      おそらく今手術をすることが最善な判断だと私には思います。

      たしかに手術は怖いと思いますし、リスクを伴います。
      手術をしてもたいして側彎症を軽減できない可能性もあります。
      ですから最終的な判断はやはりあなたにしかできません。

      もしあなたが自分のからだの状況をそのまま受け入れ
      今後悪化する側彎症と一緒に生きていきたいということでしたら
      手術は進めません。

      しかしもしあなたが生きている間に他にやりたいことがあり、
      少しでも症状を軽減するチャンスが
      あるならそれに賭けてみたいということでしたら
      すぐ手術を決心することをおすすめ致します。

      つまり今のあなたにある選択肢は今すぐ手術をするか
      今後も手術をしないかのどちらかです。
      すぐには決心できないかもしれませんが、時間が立つほど
      手術の効果はなくなり、リスクの方が大きくなります。

      手術をしてもしなくてもあなたのカラダにはすでにリスクがあります。
      自分の生き方や価値観に従い、後悔しない選択をすることを
      お勧めいたします。

      最後に手術を決心した方の言葉のあるリンクを掲載しておきます。
      http://sekitui-sokuwan.net/memoir_16.html

      Dr.N

    • こんにちは、私は51才の女性です。2012年10月に手術をしました。私も上が70°、下50°のS字にまがっており、腰痛がひどく、だいぶ悩みましたが、残りの人生のこともあり決意しました。正直大変でした。8時間かかりました。手術して5ケ月ですが、寒い時は特に背中が痛い様な固くなる違和感が強く大変でした。今だに体調に波があり、毎日が戦いです。若い子と違いリスクは多いと思います。でも、自分で決めたことなので後悔はしていません。1年くらいたてばやって良かったと思えるような気がします。参考になればといいと思っています。

  5. はじめまして。
    13歳で脊椎側湾症に気付き、コルセットでの治療を続けました。角度は36度程度であったと記憶しております。
    現在37歳、1児の母です。普段からストレッチなどを行い、背骨に気を付けた生活を送っておりますが、最近、以前より背中に疲れを感じるようになりました。痛み・しびれの症状はありません。
    この間、しばらく診察を受けておりませんでしたので、少し心配でもあり、側湾症の知識のある整形外科を受診したいと考えております。しかし、手術の名医に会う必要もないように思いますので、わたしのような患者がどこの医療機関に行くのが良いかについて、ご意見を賜りたくコメントをさせていただきます。
    ご多忙中恐れ入りますが、よろしくお願いいたします。

    • お問い合わせを受けていながらすぐに返事ができず
      申し訳ありません。

      以前より背中に疲れを感じるようになったということですが
      側湾症をもつ方なら誰でもいづれは腰に疲れや痛みなどを
      もって生活することになります。

      腰を支えている体幹の筋肉は年とともに徐々に衰え
      女性の場合、ホルモンの変化によって更に骨や筋肉の弱化が進みます。

      ですから腰の異常とは一生つき合っていくおつもりで
      お近くの整形外科の病院などに定期的に通うことをおすすめ致します。

      側湾症の知識のある整形外科の先生のリストは
      日本側湾症学会のホームページにあります。
      http://www.sokuwan.jp/doctors.html

      背骨の湾曲が悪化している可能性もありますので
      すぐにお近くの先生のもとで検査を受けることをお勧めいたします。
      くれぐれもお大事に。

      Dr.N

      • お忙しいところ、丁寧なご返事をいただきまして御礼申し上げます。教えていただいたサイトを参考に、近日中に整形外科を受診してみます。

  6. はじめまして。小学生で軽い側湾症と診断されましたが、何症状もなく、昨年まで側湾症という先生すらいない状況で、今50歳になりました。生理もこなくなって、半年なのですが、アレルギー性鼻炎のコントロールがうまくいかないのか?年に半分ほどは風邪をひいて寝込んでしまうので、筋力が弱く、膝も悪くなり、腰椎の一番下も間隔が狭いと指摘されており、元気な時は軽く筋トレを行ってきました。しかし、今年に入り急に腰に激痛が起こり、側湾症が左に凸で進行しているという事で、さらに腰痛が起こりやすいと言われました。しかし、風邪の時大量に投与されたロキソニンにも薬剤性肝炎となり、他の痛み止めも使えないようです。大変ショックを受けたと共に落としたものも拾えないほど痛みます。まずは椎間板ヘルニアかどうか調べてから、側湾症専門の先生に診て頂くべきですか?それとも背骨のことなので側湾症専門の先生に椎間板ヘルニアも一緒に診て頂くべきなのでしょうか? また、リハビリとして、筋トレに加え、毎日痛くても歩くことが必要ですか?
    只今、介護が必要な両親かかえており、落としたものを拾ったり、重いものを運んだりしてきました。私は今動けないと生活上著しく支障を来たします。またこれ以上進行させないためにどんな苦しいリハビリでも耐える覚悟でいますので、どうぞ宜しくご教示下さいませ。

    • Lhianon様

      大変返事が遅くなってしまい申し訳ありません。
      激しい腰痛では毎日の生活も大変つらいものと思われます。

      側湾症が進行している上に生理が止まった後の体内のホルモンの変化で更に骨や筋肉が弱くなっている状態ですので、できればすぐに側湾症の専門家に診てもらうのが一番良いのですが、今後痛みを和らげるためにはリハビリなどで何度も病院を訪れなければならなくなると思います。そのため何度も通うことが可能な病院を選ぶことも大切です。もしお近くに側湾症の専門医がいない場合には、通いやすい病院にある整形外科医を訪ねることのほうが得策かもしれません。

      またリハビリについてですが痛みを堪えて無理して歩くよりは、お近くの温泉かプールに通い、水のなかでゆっくり歩く運動を続ける方が痛みも和らぎ、同時に筋肉の強化にもなります。また体重を減らす食事制限も大切になってくると思いますので、まずは整形外科医に通い、しっかりとアドバイスを頂くことが最善だと思います。

      今動けるうちにリハビリをしっかり行い、毎日の生活で腰を痛めないよう注意することを心がければ、側湾症が多少あっても痛みに苦しまずに生活できるようになると思います。自分のからだを信じてリハビリに励んでいただきたいと思います。くれぐれもお大事に。

      Dr.N

神沢 裕子 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">