側弯症は妊娠や出産に影響を与えるか?

側弯症を患っている女性の悩みの一つに出産のことがあると思います。
ただでさえ不安な妊娠と出産、側弯症では背骨に変形があるわけで
手術に至らなかった軽度から中度の側弯症のお母さんでも
普通分娩で正常な赤ちゃんを産めるのか?側弯症と妊娠

また側弯矯正手術をした重度の側弯症のお母さんが
はたして正常に妊娠して普通分娩で産むことができるのか?
やはり不安はつきないものだと思います。

今までの調査や研究から側弯症がお腹の中の赤ちゃんの成長や
出産にどのような影響をするのか、解説してみたいと思います。


側弯症と妊娠についての研究は実はかなり昔から行われ
1981年に胸椎側弯症をもつ64人の妊婦さん
(その3分の2がコブ角60度を超える重度の胸椎側弯症患者)
の出産について調査した論文(*1)では
その64人のうち65%つまり40数人が普通分娩に
成功していたそうです。

帝王切開で出産した妊婦さんも17%ありましたが
すべて一般的にある妊娠中毒症などの
出産時の問題が理由で行われたもので
側弯症が理由で帝王切開に至ったケースはありませんでした。

同じように1987年の調査研究(*2)でも側弯症の治療を受けた
妊婦さん175人中、側弯症に関係する問題で出産困難に陥ったのは
たったの4人だけで、多くは普通分娩で出産され
他の帝王切開のケースでもすべて妊娠中毒症などの
一般の出産時の問題が理由でした。

つまり重度の胸椎側弯症患者であっても数名を除いては
心肺機能への問題もなく普通分娩で出産でき、
帝王切開もできるので、ほとんどの場合、特に側弯症が
妊娠や出産に問題を起こすこともないようです。

1997年にはハリントン式側弯矯正手術をした
重度の側弯症の患者さんのなかで
その後妊娠した146人の妊婦についての調査研究(*3)があり
結果、手術後でも側弯症は妊娠や出産に特に影響しないことが
発表されています。

その研究では40%の妊婦さんが妊娠中腰痛を訴えていましたが
妊娠休暇をとるほどの重度の腰痛を訴えたのは11%だけでした。
その146人中、帝王切開で出産した数は23%と一般的確率15%よりも
やや高いものでしたが側弯症手術と帝王切開を関連付けるには
不十分な結果であると発表しています。

ようするに側弯症の手術をした妊婦だからと言って
かならずしも帝王切開をしなければいけないというわけではないわけです。
手術後でも特に妊娠中毒など他の理由がなければ
充分普通分娩で産むことができるわけです。

2001年には側弯症治療の妊娠や出産に及ぼす長期的影響を
調べるため平均的に40歳ぐらいの
136人の側弯症矯正手術を過去に受けた女性と
111人の側弯症装具治療を受けて進行が止まった女性
そして90人の側弯症のない女性の妊娠や出産を
比較調査する研究(*4)が行われました。

結果、側弯症治療をした女性と側弯症のない女性の間で
結婚した確率は85%と82%でほぼ同じ確率で
できた子供の数も両グループに違いはほとんどありませんでした。
(手術組平均1.8人、装具組平均1.9人、正常組平均2人)
つまり側弯症があっても普通に妊娠して普通に産めるわけです。

妊娠中に腰痛を訴えた数もすべてのグループでそれほどの違いは
認められませんでした。(手術組35%、装具組43%、正常組28%)

そして出産の時に帝王切開に至った数にも違いはありませんでした。
(手術組19%、装具組14%、正常組18%)

つまり側弯症があろうがなかろうが、例え手術を受けていたとしても
妊娠と出産に特に影響はなく無事にかわいい赤ちゃんを産むことが
できるわけです。
側弯症でも出産できる
どこかの民間療法家などではこれらの研究結果をしらずに
側弯症は骨盤にもずれがあるから
妊娠しにくいとか言う方もいますが
それは明らかに間違いです。

側弯症があっても上に示したようにたくさんの女性が普通に妊娠し
正常な妊娠生活をして、普通分娩で出産しています。
そして2001年の研究でも示されているように手術した女性でも
19%の方だけが帝王切開にいたり、つまり136人中約110人が
普通分娩で無事にかわいい赤ちゃんを出産しているわけです。
ですから側弯症だからと言って妊娠を不安に思う必要はありません。

ただし普通の妊娠でもそうですが、出産は本当に体力勝負です。
上の研究で示した帝王切開の理由の一つに妊婦さんが
出産の途中に体力が尽きて、急遽帝王切開に至ったケースも
あるわけです。

出産をマラソン競技に例えてみると、
出産というゴール間近で肝心の息が切れ
走りたくても走れなくなってしまう状況です。

ゴール目前での息切れは悔しいものです。
こんなことにならないように妊娠中は毎日軽い運動を欠かさず
体力をしっかりつけて出産に挑むようにしましょう。

参考文献:
*1. Br J Dis Chest. 1981 Oct;75(4):367-70.
Pregnancy in thoracic scoliosis.
Siegler D, Zorab PA

*2. J Bone Joint Surg Am. 1987 Jan;69(1):90-6.
Scoliosis and pregnancy.
Betz RR, Bunnell WP, Lambrecht-Mulier E, MacEwen GD.

*3 Eur Spine J. 1997;6(5):304-7. Pregnancy and delivery in patients operated by the Harrington method for idiopathic scoliosis.
Orvomaa E, Hiilesmaa V, Poussa M, Snellman O, Tallroth K.

*4. Spine (Phila Pa 1976). 2001 Jul 1;26(13):1449-56.
Childbearing, curve progression, and sexual function in women 22 years after treatment for adolescent idiopathic scoliosis: a case-control study.
Danielsson AJ, Nachemson AL.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">